トップページ > お客さま本位業務運営に関する宣言

お客さま本位業務運営に関する宣言

私たち、株式会社ベストプランニングは、全てのお客さまへ心から「安心」をお届けするために、以下に掲げる取り組みを行うことを宣言いたします。
2022年6月1日改定
株式会社 ベストプランニング社員一同

本取組方針の【対応原則】は、金融庁が公表している「顧客本位の業務運営に関する原則」のどの原則に対応しているかを示しております。「顧客本位の業務運営に関する原則」の詳細については、金融庁のホームページをご覧ください。
https://www.fsa.go.jp/policy/kokyakuhoni/kokyakuhoni.html

1. お客さま本位の業務運営方針の策定・公表

当社は、「全てのお客さまへ心からの安心の提供を」という経営理念のもと、お客さまに寄り添い、お客さまの求める「安心」を、質の高いサービスとコンサルティングを通じて提供し続けるために、あらゆる業務運営においてお客さま本位で行動するように努めます。

【対応原則】:原則2、原則7 

2. お客さま最善の利益の追求

当社は、複数の保険会社を取扱う保険の総合保険代理店として、法令等を遵守し、以下の事項を徹底するよう努めます。

<行動指針>
  • 当社は、ライフプランニングを通じて、全てのお客さまが心から「安心」していただけるような、商品・サービスをお届けします。
  • お客さまを取り巻くリスクの分析やライフプランニング等を通じて、お客さまの知識、ご経験、財産の状況および商品の購入目的等を総合的に勘案し、お客さまのご意向や実情に沿った最適なプランがご提案できるように努めます。

【対応原則】:原則2、原則2(注) 

3. お客さまの利益相反の排除

当社は、お客さまの利益が不当に害されることがないよう、利益相反の恐れのある取引の防止に努めます。

<行動指針>
  • 保険会社のキャンペーンやインセンティブ等に左右されるような販売・推奨はいたしません。
  • 代理店手数料に捉われることなく、偏った商品のご案内をせず、お客さまのご希望を第一にご対応させて頂きます。

【対応原則】:原則3、原則3(注)、原則5(注1)、原則6 

4. お客さまへの重要な情報のわかりやすい提供

保険商品・サービスなどに関する重要な情報について、適切かつ十分なご説明に努めます。

<行動指針>
  • 保険商品の内容・ご契約に際しての重要な事項について、重要事項説明書(「契約概要」、「注意喚起情報」)などを用い、適切かつ十分なご説明に努めます。
  • 特定保険契約については、お客さまのご負担となる費用(保険契約関係費・資産運用関係費)や市場変動リスク(為替・株式・債券等)に関して、より丁寧な説明に努めます。

【対応原則】:原則4、原則5、原則5(注1)、(注3)、(注4)、(注5)、原則6、原則6(注1)、(注4)、(注5)

5. お客さまに対するふさわしいサービスの提供に関する取組み

当社はお客さまの意向を確認し、ニーズや資産状況に応じて適切な商品選定に努め、以下の事項を徹底するように努めます。

<行動指針>
  • 商品選定にはお客さまの最善の利益を意識して行動します。
  • 年3回のBP通信での情報提供など通じて、アフターフォローを継続します。

【対応原則】:原則6(注1)、(注4) 

6. お客さま本位の業務運営の実践と定着に向けて

当社はお客さまの意向を確認し、ニーズや資産状況に応じて適切な商品選定に努め、以下の事項を徹底するように努めます。

<行動指針>
  • より高いレベルでのコンサルティングを通じて良質なサービスを提供するように社内体制、社内教育の充実に努めます。
  • お客さまからのご相談に的確にお答えできるように社員のFP資格・他資格の上級資格を推進します。。

【対応原則】:原則2、原則2(注)、原則6(注5)、原則7、原則7(注) 


なお、以下項目につきましては非該当となります。

【原則5】
 (注2):複数の金融商品・サービスをパッケージとして販売・推奨等することがないため。
【原則6】
 (注2):複数の金融商品・サービスをパッケージとして販売・推奨等することがないため。
 (注3):金融商品の組成に携わらないため。